loader
Close Fermer

ロボット、私の永遠の愛

ロボット
私の永遠の愛

伊藤郁女ソロ

2018年1月初演

上演時間 50分

 

父親と踊り、恋人と踊り、そして男の子を産んだ伊藤郁女は、動いてやまないアーティストとしての自分自身と向き合うことになります。舞台上で彼女はロボットになり、人間としての振る舞いを一から学びなおすことで、人間とは何かを問い、今を生きるために模索します。

teaser

走り去ってしまう時をつかみ取ろうとするような、驚くべき作品。(中略)奇妙でシュールな造形美が繰り広げられる。(中略)伊藤郁女は成熟した。生と死といった精神的な課題が、ユーモアの中を徘徊しているのだ。

『テレラマ』 エマニュエル・ブゥシェ

伊藤郁女は春にさえずるスズメのように人間の一生に触れていく。さっと留まっては飛び立ち、みんなが集まる空虚を求め、そしてふいに、息子のソラがどうやって重心を変えたのかを語るのだ。

『ル・トン』 アレクサンドル・ドゥミドフ

キャスト・スタッフ

出演 : Kaori Ito

テキスト /  演出・振付 : Kaori Ito
振付協力 : Gabriel Wong
造形美術協力 : Erhard Stiefel et Aurore Thibout
作曲 : Joan Cambon
照明クリエーション : Arno Veyrat
舞台設営 : Yann Ledebt
意見役 : Julien Mages, Zaven Paré ( roboticien), Jean-Yves Ruf
振付助手 : Chiharu Mamiya
サウンドデザイン : Adrien Maury
照明 : François Dareys
舞台装置 : Pierre Dequivre, Delphine Houdas et Cyril Trupin
制作 : Améla Alihodzic, Coralie Guibert, Laura Terrieux et Anne Vion
スペシャルサンクス : Sola Touvet Ito, Théo Touvet, Sarah Benoliel, Estelle Castagnoli, et Chiharu Mamiya

制作 カンパニーHIME 

共同制作 : ADC de Genève – (SUISSE), KLAP – maison pour la danse – Marseille, MA scène nationale – Pays de Montbéliard, Lieu Unique – Nantes, Avant-scène – Cognac, Théâtre de Saint-Quentin-en–Yvelines, Fondation Sasakawa (JAPON).
支援 : Flux Foundation à Genève, Compagnie 111 – Aurélien Bory / La Nouvelle Digue.

伊藤郁女は観客がつくるネットワークDanseAujourdhui賞を受賞しました。この作品は同メセナの支援を受けています。

 

Teaser 3foisc / DanseAujourd'hui

Partenaires

• Compagnie Himé receives funding from the BNP Paribas Foundation for the entirety of its projects.
• Compagnie Himé is supported by the French Culture Ministry – DRAC Ile de France, by the Île-de-France Region and the Val-de-Marne Department.
• Kaori Ito is an associate artist with MAC Créteil and CENTQUATRE in Paris.
• Compagnie Himé is in artistic companionship with KLAP Maison pour la Danse and in residency at Fontenay en scène and at Théâtre du Fil de l’eau – Ville de Pantin
• The Compagnie Himé residency at Théâtre du Fil de l’eau – Ville de Pantin is supported by the Seine-Saint-Denis Departement.